研究活動

  • 本ページに掲載されている版は,発表当初の論文の誤植を修正している場合があります

論文誌(査読あり)

  • 林部祐太,小町守,松本裕治. 「述語と項の位置関係ごとの候補比較による日本語述語項構造解析」. 自然言語処理, Vol.21, No.1, pp.3-26. (2014.3) [PDF] [bib]

国際会議(査読あり)

  • Yuta Hayashibe, Masato Hagiwara (RIT-NY) and Satoshi Sekine (RIT-NY). phloat : Integrated Writing Environment for ESL learners. Proceedings of the Second Workshop on Advances in Text Input Methods, pp.57-72, Mumbai, India, 2012 December 15th (WTIM 2012) [PDF] [bib] [slide(pdf)] [poster(pdf)]
  • Tomoya Mizumoto, Yuta Hayashibe, Mamoru Komachi, Masaaki Nagata (NTT) and Yuji Matsumoto, The Effect of Learner Corpus Size in Grammatical Error Correction of ESL Writings, Proceedings of the 24th International Conference on Computational Linguistics, pp.863-872, Mumbai, India, 2012 December 13th (COLING 2012) [PDF] [bib] [poster(pdf)]
  • Yuta Hayashibe, Mamoru Komachi and Yuji Matsumoto. Japanese Predicate Argument Structure Analysis Exploiting Argument Position and Type. Proceedings of 5th International Joint Conference on Natural Language Processing, Chiang Mai, Thailand, 2011 November 9th (IJCNLP 2011) [PDF] [bib] [slide(pdf)]

国際会議(査読なし)

  • Ippei Yoshimoto, Tomoya Kose, Kensuke Mitsuzawa, Keisuke Sakaguchi, Tomoya Mizumoto, Yuta Hayashibe, Mamoru Komachi, Yuji Matsumoto. NAIST at 2013 CoNLL Shared Task Grammatical Error Correction. Proceedings of the Seventeenth Conference on Computational Natural Language Processing. August 2013 [PDF] [bib]
  • Tomoya Mizumoto, Yuta Hayashibe, Keisuke Sakaguchi, Mamoru Komachi, Yuji Matsumoto. NAIST at the NLI 2013 Shared Task. Proceedings of the Eighth Workshop on Innovative Use of NLP for Building Educational Applications. pp.134–139, Atlanta, Georgia, June 13 2013. [PDF] [bib]
  • Keisuke Sakaguchi, Yuta Hayashibe, Shuhei Kondo, Lis Kanashiro, Tomoya Mizumoto, Mamoru Komachi and Yuji Matsumoto. NAIST at the HOO 2012 Shared Task. The Seventh Workshop on Building Educational Applications Using NLP, pp.281-288, Montreal, Canada, 2012 June 7th [PDF] [bib]

研究会・全国大会等(査読なし)

  • 林部祐太. 「日本語部分形態素アノテーションコーパスの構築」, 情報処理学会第231回自然言語処理研究会, NL-231-9, pp.1-8 (2017.5.15) [PDF] [slide] [コーパス] [ツール1] [ツール2]

  • 林部祐太,河原大輔,黒橋禎夫. 「格パターンの多様性に頑健な日本語格フレーム構築」, 情報処理学会第224回自然言語処理研究会, NL-224-14, pp.1-8 (2015.12.4) (優秀研究賞受賞) [PDF] [slide(pdf)]

  • 林部祐太,萩原正人 (楽天技研NY),関根聡 (楽天技研NY). 「英作文統合支援環境 phloat」. 言語処理学会第19回年次大会, pp.802-805,名古屋.(2013.3.15) [PDF] [bib] [poster(pdf)]
  • 水本智也, 林部祐太, 小町守, 永田昌明(NTT), 松本裕治. 「大規模英語学習者コーパスを用いた英作文の文法誤り訂正の課題分析」, 情報処理学会第209回自然言語処理研究会,NL-209-5, pp.1-8 (2012.11.22) [PDF]
  • 水本智也, 林部祐太, 坂口慶祐, 小町守, 松本裕治. 「英作文誤り訂正における複数の手法の利用に関する考察」, 情報処理学会第208回自然言語処理研究会,NL-208-8,pp.1-7 (2012.9.7) [PDF]
  • 林部祐太, 小町守, 松本裕治, 隅田飛鳥 (KDDI研究所). 「日本語テキストに対する述語語義と意味役割のアノテーション」,言語処理学会第18回年次大会, pp.397-400, 広島.(2012.3.14) [PDF] [slide(pdf)] [data]
  • STRAFELLA Elga Laura, 林部祐太, 松本裕治. 「現代日本語におけるコロケーション:検出と分析」, 第一回コーパス日本語学ワークショップ, pp.53-58, 東京.(2012.3.5) [PDF]
  • 林部祐太, 小町守, 松本裕治. 「文脈情報と格構造の類似度を用いた日本語文間述語項構造解析」, 情報処理学会第201回自然言語処理研究会, NL-201-10 pp.1-8, 東京.(2011.5.17) (学生奨励賞受賞) [PDF] [slide(odp)] [slide(pdf)]

特許

  • 林部祐太,萩原正人. 入力支援装置、入力支援方法、及び入力支援プログラム. 日本国特許第5897711号 (登録日2016.3.11) [link]

その他

  • 林部祐太「日付曜日矛盾」,第8回入力メソッドワークショップ.(2016.12.29) [PDF]
  • 林部祐太「文字コード入門講座」,国立国会図書館(関西館) 電子図書館課. (2013.07.26, 2013.09.27, 2013.12.06) [PDF]
  • 林部祐太「プログラミングの楽しさ」,奈良県立奈良北高校2年生理数科「総合的な学習の時間」.(2013.06.15)
  • 林部祐太「英語学習者の作文支援システムについて」,第4回関西入力メソッドワークショップ. (2012.12.29) [PDF]
  • Keisuke Sakaguchi, Yuta Hayashibe, Shuhei Kondo, Lis Kanashiro, Tomoya Mizumoto, Mamoru Komachi, Yuji Matsumoto. Contextual Spelling Correction for Preposition and Determiner Error Correction. Japan CORE Project Workshop (2012.6.29)
  • 林部祐太「述語タイプを考慮した項構造解析に向けて」,NLP若手の会 第6回シンポジウム. (2011.09.22)
  • 林部祐太「"意味"を計算機で扱う一方法 —格解析入門—」,第2回言語学×自然言語処理合同勉強会.(2010.10.23)
  • 林部祐太「日本語述語項構造解析器 YuCha 「夕茶」」,NLP若手の会 第5回シンポジウム. (2010.09.15)
  • 林部祐太 「述語項構造解析と「夕茶」」,情報科学若手の会 (2010.09.12)
  • 林部祐太 「格解析の意義」,チュートリアル@KDDI研究所 (2010.08.19)
  • 林部祐太,大木環美,北裏龍太,後藤隼人,坂井鉄男. 「感情表現の可能な汎用対話システムエンジンToMoCha」,NLP若手の会 第4回シンポジウム. (2009.10.1)
  • 林部祐太,大木環美,北裏龍太,後藤隼人,坂井鉄男. 「自己開示発話実現のためのプロファイル構築手法の提案」. 自然言語処理合同研究会 (2009.10.17)

メモ

  • 最大エントロピー法に関するメモ (2010.4.23 DMLA勉強会) [PDF]

学位論文

  • Yuta Hayashibe, Japanese Predicate Argument Structure Analysis Based on Positional Relations between Predicates and Arguments, Nara Institute of Science and Technology Doctoral dissertation, March 2014 [PDF]

利用上の注意事項

  • 情報処理学会での発表論文
本著作物の著作権は(社)情報処理学会に帰属します.
本著作物は著作権者である情報処理学会の許可のもとに掲載するものです.
ご利用に当たっては「著作権法」ならびに「情報処理学会倫理綱領」に従うことをお願いいたします.
  • 言語処理学会での発表論文
本著作物の著作権は原則として言語処理学会に帰属するものとします.