CaboChaの更新履歴

各種文献から,CaboChaの更新履歴をまとめた.

2014-03-10 : CaboCha 0.68 (r96r98)

  • トーナメントモデルの削除
  • -uオプションの追加 (MeCabの-uと同一オプション)

2013-12-30 : CaboCha 0.67 (r93r95)

  • 解析速度を20%程度高速化
  • OSX上でのビルドエラーの修正
  • Windows版でただしくバージョン番号が表示されないバグの修正

2012-12-30 : CaboCha 0.66

2012-11-05 : CaboCha 0.65

2012-05-26 : CaboCha 0.64

2012-05-01 : CaboCha 0.63

2012-04-22 : CaboCha 0.62

2012-02-21 : CaboCha 0.61

2011-08-14 CaboCha 0.60

2011-08-08 : CaboCha 0.60 pre6

2011-08-03 : CaboCha 0.60 pre5

2008-01-14: CaboCha 0.60 pre1

  • UTF8対応 (./configure --with-charset=UTF8)
  • 文節区切りと固有表現抽出にCRF(実装はCRF++)を使用
  • ChaSenへの依存を廃止
    • MeCabのみのサポート
  • 固有表現を行う前に文字列の正規化
    • 若干の精度向上
  • 簡易並列処理の廃止
    • 係り受けのみ.
  • APIの一新.より粒度の細かい制御が可.
  • PerlやMakefileに依存していた部分の排除
  • 単一バイナリcabocha-learnによる学習の簡易化 (Windowsでも学習が可能)
  • TinySVMへの依存を排除
    • 単体で学習可能
  • Jumanのサポートを復活
    • 形態素解析はmecab-jumanに限定
  • 評価ツールcaboca-system-evalの提供

2005-12-24: CaboCha 0.53

  • 極端に長い文を解析するとsegmentation faltになる問題を修正

2004-10-07: CaboCha 0.52

  • MeCabをサポート
  • % cabocha --morphological-analyzer=mecabとすればmecabが起動される

2004-08-05: CaboCha 0.51

  • cabocha_newcabocha_new2に失敗した時にメモリリークが起きる問題を修正
  • Windows版インストール時にadministrator権限でインストールすると,全ユーザが使用可能にできるように
    • インストール時のオプションで変更可能

2004-03-28: CaboCha 0.50

  • 解析速度を大幅に高速化.(7-8倍高速)
    • SVM の分類アルゴリズムの高速化手法であるPKE(ACL 2003にて発表)を適用
    • (非力な計算機では動作が遅くなるかもしれません.メモリは 512MB 以上,CPUは 1.0GHz 以上の計算機をお使い下さい.)
  • YamCha 0.30 対応.
    • YamCha 0.27以下のバージョンでは動きません.アップグレードを行ってください.
  • 文節切りに用いる学習データの量を増やした.
  • 係り受け学習時のパラメータを変更し,若干精度が向上した.
  • 小規模モデルを削除した.
    • 分類の高速化に伴い,小規模のモデルを使う必要がなくなっため
  • 固有表現抽出をやめれば,KNP と同じぐらいの速度

2004-03-08: CaboCha 0.44

  • ライセンスを LGPL に変更
  • 数値 (DATE,MONEY) の固有表現抽出の精度向上のために,数字の連結品詞相当を実装し,再学習した
    • 明治16年は「時間」と解析できるが,明治6年はできない問題
    • 1,6が別の形態素になってしまうため,この2つの事例がdistinctなものになってしまう.
    • 連結品詞は無くなる方向なので,NE側で解決する.
  • 文節区切りの誤り事例を追加し,再学習した
  • Windows版に附属の ChaSen を ChaSen 2.1 から ChaSen 2.3.3 に変更

2003-10-24 CaboCha-PKE

  • CaboCha-PKEの公開
RWCP コーパス 2000文 の解析時間
    PKE (高速版):  26.71s  user 0.31s system 99% cpu 27.122  total
    今の cabocha:  206.14s user 0.05s system 100% cpu 3:26.18 total
7.7倍程度高速になる模様.
もともとが PKI という手法を使てて,12倍ほどはやいから,オリジナルの SVM より 
12 * 7.7 = 92倍高速に動作していると思われる.

2003-09-14: CaboCha 0.43

  • C の API を使うと,特定の環境で (RedHat 9) 解析結果が変になる (素性選択に失敗する) バグを修正.
    • (RetHat9 上で C API,perl/ruby/python モジュールを使ってる方は,早急 にアップグレードしてください)
  • ruby の正規表現ライブラリを使っていたが,使うのをやめた
  • 経緯
    • Cのlibrary (cabocha_sparse_tostr())とC++のlibrary (CaboCha::Parser::parseToString())の2つの出力結果がRedHat 9で異なる.
    • これはrubyの正規表現ライブラリ由来の問題.
    • そこで,正規表現をやめて,PatternMatcherクラスを作成し代替.

2003-08-15: CaboCha 0.42

  • 不正な NE タグ列を出力する可能性があるバグを修正.(例: 文頭に I タグが付いたり,I-LOCATION,I-PERSION といった不正なタグ列)
  • getenvconfigureスクリプトで正しく読めない問題を修正
    • (~/.cabocharcの読みこみができなかった)

2003-07-04: CaboCha 0.41

  • C のstdioと非同期に動作させていたのをやめた.(perl/ruby のopen2open3経由で使えるようになった)
  • yamcha 0.26 以降を使うことで,sparc 環境で正常に動作するようになった.

2003-05-12: CaboCha 0.4

  • 固有表現抽出機能を付与
    • IREXで定義される固有表現タグを出力
    • 精度はF値で85前後
  • 固有表現抽出機能の整合性の都合上 JUMAN のサポートを停止した.
  • C++ レベルの API の変更
  • C 用 API への関数追加,スクリプトバインディング(perl/ruby/python) のインタフェイスの変更
  • pre

2003-03-31: CaboCha 0.36

  • まっさらの環境にインストールする際,make checkがうまく動かない バグを修正した.
  • $HOME/.cabocharcおよび環境変数CABOCHARCによるcabocharcの指定が正常に行われないバグを修正した.

2003-03-29: CaboCha 0.35

  • IPA のモデルを再学習,再構築
    • 従来は,IPA品詞体系と京大コーパス の「文節切り」の整合性を ad-hoc に解決していたが,厳密に解決した
    • IPA品詞体系の連語 (として,について) の解析が正しく行えるようになった
    • 個々の文節長が長くなるため「みかけ」の精度は下がるが,実用上の精度は向上している
  • 並列+同格の情報を付与するモデルを添付
  • ChaSenの連結品詞の機能を使う必要がなくなった
    • (連結品詞の機能を off にした ChaSen で文節切りの学習データを作成した.)
  • chasenを呼ぶclassをsingletonにした
    • 複数回呼びだされても,1回の呼びだしとなる
    • -cオプションによるchasenrcの指定は,最初の1回のみに限定される
    • (chasenが再入不可能なライブラリのため仕方がない)
  • JUMANのモデルファイルを別配布にした
  • Windows 版を自己解凍形式に変更,インストールが容易になった

2003-01-31: CaboCha 0.34

  • chasenを呼ぶときに,-Fオプション付きで呼ぶのをやめた
    • それに より「未知語品詞」を使うことができるようになった
    • 未知語の多くが名詞の場合は,精度が向上すると思われる
  • cabocha_sparse_tostr ()の戻り値にゴミが入るバグを修正
  • メモリーリークのバグの修正
  • Windows Versionの開発をmingwから Visual Studio .NET C++ に変更

2003-01-06: CaboCha 0.33

  • param.cpp (コマンドライン解析ルーチン) の変更

2002-11-21: CaboCha 0.32 Released

  • -oオプションが動作しないバグを修正

2002-11-20: CaboChaの改良について

map<> で表現していた素性を trie で表現したりがむばる.
京大コーパス 2.0 1/9日分 約 1200文

高速版 time ./cabocha -r /usr/etc/cabocharc -I2 -m dep.0.0001.cmodel < test > /dev/null
5.45s user 0.20s system 49% cpu 11.489 total

従来: time cabocha -r cabocharc -I2 < test > /dev/null
25.95s user 0.08s system 49% cpu 52.474 total

結果はかわらず.できたモデルファイルが 451MB にもなってしまった..
(mmap で読んでるので,ほとんど問題になりません)
trie の中間 node を毎回頭からなめているので,実はまだ高速にできると思う.
2年前 perl で実装した cabocha のプロトタイプが,解析に10分ぐらい,
それを C++ でかいて,1分.さらにいろいろ工夫して5秒ぐらまできました.

2002-11-13: CaboCha 0.31

  • -rオプションが動作しないバグを修正
  • chasen のリンクが cygwin,FreeBSD でうまくいかない問題を修正
  • 0.3は,オプションの指定ができないバグが含まれているので,0.31をお使いください.

2002-11-11:

  • 2文節しかない文を入力したときに,係り受けタイプが出力されないバグを修正
  • 部分解析ができていないバグを修正
  • Oタグに関する解説を追加
  • 係り受けの学習に関するドキュメントの修正 (一部誤りがあった)
  • ソースコードをきれいにした.
  • gcc 3.2,Borland C++,Visual Studio .NET に対応

2002-02-21 CaboChaの速度について

9年分の新聞記事を解析させてみる.
小一時間動かすも,20日ぶんぐらいしか終わっていない.
10日 = 30分という計算だと

1ヶ月 90分
1年 1080分 = 18時間
9年 9720分 = 162時間 = 1週間

ってことか...

2001-10-22: CaboCha 0.21

  • JUMAN用 chunker モデルに欠陥があり,解析中に core dump するバグを修正
  • IPA用 chunker モデル中のバグを修正
  • ChaSen用 handler が入力フォーマットを上書きしてしまうバグを修正

2001-10-19: CaboCha 0.2

  • データ構造とメモリ管理の工夫により,20-30%の高速化
  • C++/Perl/Ruby/Python interface の充実
  • 文節切りの位置をユーザが指定できるようになった.(必ず切る/絶対切らない/任意の位置の指定)
  • XML出力の暫定対応

2001-07-07: CaboCha 0.1

  • Initial Release!

Links